リーダーシップメンバー

ブレイゾン リーダーたちの想い

  • 戸須 眞理子(薬学博士):代表取締役
  • 千葉 雅人(薬学博士):研究開発部 部長
  • Philip Davy(博士(理学)):事業開発部 部長
  • 鰐渕 文一(博士(理学)):臨床開発部 部長
  • 錦戸 傑宜(公認会計士):経営管理・財務 部長

戸須 眞理子(薬学博士)代表取締役社長

志と勇気と技術によるイノベーション

私たちブレイゾンは、これまで難しかった脳神経疾患の薬の開発の世界にInnovationを起こそうとしています。

ヒトの高度な脳は、血液脳関門という生体バリアで鉄壁に守られています。それゆえに中枢神経疾患では、これまでも多くの有望な治療薬候補が途中で断念されることが多かったのです。その難題を解決しようというのが私たちのゴールです。

そのうえ、私たちは薬をナノカプセル化することにより、副作用やそのほかの好ましくない作用も低減できるのです。

私たちが到達した山から見える景色は、脳神経疾患の良薬が多く市場化され、人間の尊厳をつかさどる脳の病気に苦しむ患者様が減る世界です。

そんな大きなソシアルインパクトのある技術を開発し、実用化することはとてもワクワクし、自分の社会的存在意義を確固たるものにするとは思いませんか。ブレイゾンはそんな会社です。

社員一丸で、目標に向かって邁進しています。困難なこともあります、苦しいこともあります。しかし、志と勇気と技術があれば、イノベーションは起こせます。それぞれがリーダーシップを発揮し、変化を起こすことを追求するそんなチームです。

千葉 雅人(薬学博士)研究開発部長

医薬品を患者様に届けるために

30年にわたり国内外の製薬会社(米国メルク医薬品研究所、万有製薬、大鵬薬品工業)の薬物動態研究所で、中枢神経系疾患や脳腫瘍治療薬の探索と開発に携わってきました。

ブレイゾンの持つ、薬剤を能動的に脳内に送達する血液脳関門突破技術の革新性に魅了され、その社会実装化に向けた熱い想いを胸に、薬物動態研究所長を離職して、チームブレイゾンに参画しました。

本来であれば脳内に到達できない薬剤に本技術を適用することで、脳内標的に対して明確な薬効を示すようになるデータが日々蓄積されています。

グルコーストランスポーター(GLUT1)を利用して、グルコース修飾高分子ミセルに内包した薬剤を、血液脳関門を突破させて標的に送達する我々の革新的な技術を、一日も早く、脳疾患の患者さんに届けられるために、臨床試験の開始にむけて全力で取り組んでいます!

フィリップ デービー(理学博士)事業開発部長長

コラボレーションの成功に対する強い情熱

ブレイゾンは、中枢神経系(CNS)疾患のための新しい治療手段を見出すために、外部パートナーとの共同と発展性のある関係構築とともに、画期的薬物送達技術を提供します。すでに、日本と米国において事業を進めながら、新しいCNS治療の研究開発をグローバルに加速していくために、チームブレイゾンは外部パートナーとの提携関係を拡大しています。私自身は、加齢のバイオロジーや高齢者の健康寿命を延長したり維持するための介入に興味があったので、ブレイゾンは私にとって非常に魅力的でした。細胞や低分子化合物のトランスレーショナル治療に着目したバイオエンジニアリングにおける私の研究キャリアによって、私は、脳のための新しい治療の選択肢の開発スピードが遅いことを懸念と考えています。ブレイゾンの薬物送達システムは、多くの治療モダリティ(治療様式)をCNSに到達させるのに十分な多様性があります。私達チームブレイゾンは、継続的な画期性、薬剤開発の経験という財産、ならびに、新しい、よりよい治療手段が必要な人々を助けるという情熱を原動力にして、技術に裏打ちされた強さと自信をもっています。

鰐渕 文一(理学博士)臨床開発部長

神経科学領域での薬剤開発の困難性を克服できるブレイクスルー

私は30年以上にわたり、アステラス製薬(株)において、神経科学領域薬剤の研究開発とプロジェクトマネジメントに従事してきました。ご承知のように、この治療領域の薬剤開発は困難を極めます。そのような背景の中、ブレイゾンの革新的技術は 神経科学領域での薬剤開発の困難性を克服できるブレイクスルーになると確信しています。

近年、神経科学領域の目覚ましい発展により、脳と脳機能の仕組みが少しずつ解明されてきました。脳や中枢神経系疾患の病態生理の理解も深まってきています。しかしながら、疾患そのものの克服にはまだ道半ばであり、その障壁のひとつが、血液脳関門であります。脳は自らを守るために、末梢血からの物質の移動にバリアーを設けています。すなわち、このバリアーによって、薬となるたんぱく質や抗体、オリゴヌクレオチドなどの分子は、ほぼまったく脳には到達できません。低分子の薬物でさえも、十分な脳内濃度に達することは難しいこともよくあります。

我々ブレイゾンは、このバリアーを乗り越える、革新的な薬物送達技術を実用化するために、あらゆる取り組みをしています。いつの日か、中枢系疾患で苦しんでいる患者さんのために、革新的医薬品を届けたいと思っています。

錦戸 傑宜(公認会計士)経営管理・財務部長

バイオベンチャーでの新たな成功体験

チャレンジを続ける、これが私にモットーです-

最近でこそ会計士もベンチャー企業に行く人が増えましたが、私が東京大学経済学部から大手監査法人を経て、ベンチャー企業で働き始めたときは、まだ、少数派でした。何でもそろっている環境から、自分たちで知恵を絞って、生み出していくベンチャー企業という環境は刺激的で、私の性格にマッチしていて、体力的にはどんなに厳しくても、心は楽しい毎日でした。

なぜ、バイオ業界にチャレンジしたのかー

IT業界やものづくりの会社にいた私が、バイオ業界にチャレンジすることは、決意が必要でした。バイオテクノロジーは馴染みがなく、果たして自分が通用するのか。患者の皆さんに薬を届けるビジネスの足を引っ張ることにはならないか。しかし、振り返れば、幼いとき、野口英世博士やシュバイツァー博士に純粋に感動し、医学を志した自分を思い出し、常にチャレンジを続けてきた自分に鞭打って、さらなるチャレンジを決意。業界の常識にとらわれない自分だからこそ、きっと自分にしかできないことがあるに違いない。チャレンジしないであきらめて後悔するより、失敗を恐れずチャレンジする方がよい。それが、バイオ業界にジョインした理由です。

なぜ、ブレイゾンだったのかー

刻一刻と亡くなっていく人たちを救われなければならない、という純粋な思いをメンバーから聞いたとき、心を打たれました。IT企業でのIPOや、累計25億円の資金調達、資金ショートの窮地を救ってきたが、さて、果たして、その先の本当の満足が得られるのか。一方で、今、病気で苦しむ人たちを救うために、躊躇せず、自分ができることは何か。様々な業界、会社、経営者、社員を見てきて、やはり、志がある人たちと一緒に働きたい。もう理想と現実のギャップに悩みながら、仕事をしたくない。ハードでタフなチャレンジになるが、ジョインしよう、と。できるかできないか、いやできる、してみせる、と。

志ある皆さん、ぜひ一緒に働きましょう。そんな仲間と働きたい。約束された未来なんてないし、何の面白味もない。自分たちで輝かしい未来を作り上げた。いや、絶対、楽しい。保証します!Come on and join us!

技術アドバイザー

片岡 一則(工学博士)

公益財団法人川崎市産業振興財団副理事長・ナノ医療イノベーションセンター長。東京大学名誉教授・特任教授。
米国工学アカデミー(National Academy of Engineering)外国人会員。工学博士。

東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。

専門分野は合成化学、医用生体工学、生体材料科学。高分子ナノテクノロジーを応用したDDSやナノマシンの研究開発を行っている。

フンボルト賞、江崎玲於奈賞、グーデンベルグ賞などを受賞している。

横田 隆徳(医師 医学博士)

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
脳神経病態学分野(神経内科)
教授。医学博士、神経内科専門医、内科認定医。

東京医科歯科大学医学部医学科卒業、東京医科歯科大学大学院修了。
専門分野は、神経内科学、核酸医薬を用いた遺伝子治療。

2009年06月 – 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 脳神経病態学分野 教授
2014年08月 – 現在 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 脳神経病態学分野 主任教授

American Academy of Neurology(AAN)2018 Distinction Awardなど多数の受賞学術賞を受賞している。

採用情報

チームブレイゾンへの採用に関するお問い合わせはお問い合わせフォームよりご連絡ください。