研究開発

パイプライン

株式会社ブレイゾン・セラピューティクスでは、私たちの持つ基盤技術を用いて、中枢疾患を患う患者の「必要性に応じた」新しい治療法を開発するためのパイプラインの充実を図っています。外部の研究組織とのライセンス提携及び共同開発から提供される開発候補薬剤が、ブレイゾンのパイプラインの柱となっています。開発候補薬剤の内包に向けた迅速な基盤技術の適用、効率的な薬効評価の実施、および無駄を省いた前臨床開発の推進を通して、対象疾患の治療による患者の生活の質の向上に貢献していく手立てをすみやかに確立いたします。

MORE

基盤技術の提携

株式会社ブレイゾン・セラピューティクスが特許を保有する薬剤送達技術は、血液脳関門(脳毛細管内皮細胞)のトランスポーター/レセプターの中で、最も多く発現しているグルコース・トランスポーター1(GLUT1)を介したトランスサイトーシス(経細胞輸送)を利用しており、非侵襲的かつ効率的な薬剤の脳内への送達を可能としています。ライセンス提携及び共同開発を通して、低分子薬剤、ペプチド、及び、オリゴヌクレオチドなどの幅広い医薬品へ、この技術を適用することで、中枢疾患を持つできる限り多くの患者さんの負担を軽減することが可能です。

MORE